キャッシングサービスでお買い物

「じゅりー!!」と木々樹林さんが叫んでいたその相手はそうあのG.Sの元メンバーの沢田研二さん。カラコンがポピュラーではなかった時代、曲のイメージアップのためでしょうかカラコンを装着していたのを思い出しました。当時は芸能人がその様な使い方での需要しか無かったのでしょうが、今は若者10人居れば6.7人は持ってるのではないでしょうか。

今でこそ長時間装着、デザイン性豊富で安価な製品が多数ありますが、30年以上前のことです特殊な小道具として存在していたのは間違いないと思います。装着感はいまとは大分悪かったのでしょうか。新生血管と言う異常事態も発生してたのではないかしら?これは瞳に十分な酸素が行き渡らない事により異常事態を改善しようと瞳の部分に栄養や酸素を運ぶために血管を新しく作っている状態とのことで人間の自己再生能力が眼にもあったんですね。

あの頃もソフトコンタクトはあったように記憶してます。高校生の時、同級生がハードより一回り大きめの柔らかいレンズを扱っていたを目撃しましたもの。そんなことを考えると、装着感、扱いの面倒くさいこと、高額さ。今とは比べ物にならない高額医療機器と言っても過言ではなかったのではないか?しかし医療面、装飾面どちらにしても需要が多くなれば開発、量産も増えるのは当たり前。

その時代のライフスタイルの変化とともに確かな情報を得て自分にとってリスクの少ない心地よいものを身に着けたいですよね。。カラコン分野ではグラムさんなのでしょうね。今月は、金欠なのでこれからレイクによってちょっとだけお金を借りなくっちゃ。レイクなら数日間は無利息だから助かります。それでグラムカラコンを購入したいと思います♪